東京新聞を取ってみたが。。。

2009年2月12日 (木)

我家では朝日新聞を購読しているが、最近になって記事の保守化が甚だしく不愉快なので、他紙に乗り換えようか、と思っている。朝日新聞は、大幅赤字が報道されてから論調が保守的になってきたように思う。広告主の大企業のゴキゲンを取るためなのか。または主筆が変わったからなのか。

それはともかく、乗換対象の新聞はほとんど存在しない。超保守の読売、産経は論外。毎日も権力側としか思えない論説委員がいるのでNG。あとは東京新聞くらいだ。そこで東京新聞サイトを調べると、1週間の無料試読ができるので、早速申し込んだ。

翌日から東京新聞が配達されてた。最初に一目見た印象は、「田舎くさい」だ。紙面イメージが全然垢抜けない。そして朝日に比べると、ページ数が大分少ない。ということは、東京新聞は朝日新聞より情報量が少ない、ということになる。

ただ、記事はコンパクトに良くまとまっている。朝の時間の無いときに、飛ばし読みするにはこの方が良い。

また、今朝の社説が同じ話題だったので比較してみた。結果は、東京新聞の勝ちだ。朝日新聞が要点・問題点の羅列に終わっているのに比べ、東京新聞の社説は何が重要なことで何が問題なのかがはっきりわかる内容だった。東京新聞の記者は朝日より文章を的確に短くまとめる訓練を受けているのだろう。

上記の2点は東京新聞に軍配は上がった。無料試読はあと数日で終わりなので、方針を決めなければならない。まだ結論は出ていないが、情報量の多少から、東京新聞はサブの新聞としてベスト、ということになりそうだ。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/108/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS