ASCII「デジタル用語辞典」の”Python”

2009年2月20日 (金)

ネットサーフィンをしていて、ASCIIの「デジタル用語辞典」中のPythonページに行き着いた。そこには、次のように書かれている。

ぱいそん 【Python】
Guido van Rossum氏が1990年に開発したスクリプト言語。プログラムをモジュール化して、他の言語で作成したものを含む他のプログラムに組み込んで利用することが容易であるという特徴を持つ。欧米では人気の高い言語だが、日本語を扱う仕組みを完備していないため、日本での人気は欧米ほどではない。 (C)デジタル用語辞典

ここに書いてあるよに、日本でのPython言語の人気は欧米ほどではない。どころか、全然人気の無い言語と思う。出版されている解説本の数を見る限り、人気はRuby、PHPよりずっと下のレベルだ。

上記解説では、Pythonが日本で人気の無い主な原因を「日本語を扱う仕組みを完備していないため」としているが、それは違う。UNICODEベースでプログラミングすれば、日本語の問題は全く発生しない。Python言語によるWebアプリケーションフレームワークのTurboGearsでWebアプリを開発したことがあるが、日本語の問題での苦労は全く無かった。だから、上記のこの記述は誤り、と私は思う。

最大の問題は、ドキュメントだと私は思っている。まず、日本語ドキュメントが少ない。これだけで日本では人気は無くなる。しかし英語のドキュメントは多い。Pythonの特徴として英語のドキュメントの豊富さを挙げる人もいるくらいだ。ただ私の意見では、ドキュメントのレベルが低い。Javaのドキュメントのレベルは高いが、その半分のレベルも行っていない。求めていることがドキュメントに書いていない、なってことは日常茶飯。そのときは先ずは情報をネットで探し(たいてい英語だが)、それで駄目ならソースを見ることになる。

また上記では、Pythonの主な特徴として「プログラムをモジュール化して、他の言語で作成したものを含む他のプログラムに組み込んで利用することが容易である」と書いてある。確かにこれは大きな特徴だが、もっと大きな特徴があると私は思う。それは、簡潔でハイレベルの記述力、だ。複雑なロジックを簡潔に記述できる能力は、言語の中でPythonはトップクラス、と私は思う。だから、Google社の社内開発言語としてPythonがオーソライズされたのだろう。PythonはJava以上に能力のある言語、と私は思っている。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/112/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS