騒音のうるさいゐなかの私3

2011年4月3日 (日)

このブログは約1年半、休眠状態であるが久しぶりに記事を書く。それは、この地域の騒音についてだ。

このブログでは、大分前になるが防災無線の騒音について2つの記事を書いた。2007年5月26日の防災無線のうるさいゐなかの私と、2007年6月20日の防災無線のうるさいゐなかの私2だ。これらの記事に対し、静かな街を考える会という市民団体からリンクの申し出があった。もちろん、リンクOKです。

この防災無線については、その後状況の変化があった。上記記事によれば、うるさい防災無線の毎日の放送は2006年半ばから始まった。それは昨年2010年3月22日まで続いた。計4年弱、毎日放送されたことになる。上記ブログ記事のとおり、毎日その放送の時間に思考を遮断され苦痛の毎日であった。そして昨年3月23日、この地域は市町村合併により隣の市に吸収された。その結果、防災無線の放送内容も変更があった。

昨年3月23日以降、放送は一日置きとなった。そしてその内容も、「家に帰る時間となりました。気を付けて帰りましょう。」という短いフレーズが1回のみと、放送時間はかなり短くなった。その結果、私の苦痛はかなり軽減された。とはいえ、その苦痛はもちろんゼロではない。しかしその苦痛が微々たるものと思わせるような別の騒音問題が発生した。

それは、近隣のモトクロス場からのバイクの騒音だ。10台ものバイクが、騒音軽減のマフラーを付けずに高回転でエンジンをふかして走り回っている。そのモトクロス場は土日休日のみオープンだが、その日はどんなに気持ちの良い風の吹いている日でも窓は開けられない。何度も市役所に文句を言った結果、役所はやっと騒音を計測したが、その騒音は住宅地なら環境基準に抵触するレベルだった。そのモトクロス場との戦いは始まったばかりだ。その経緯は、このブログで時々書くことになるだろう。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/121/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS