楽器挫折者ではないけれど

2007年6月6日 (水)

数日前の朝日新聞で見た記事で、日本旅行が夏に「楽器挫折者救済合宿」なる企画を催すそうな。日本旅行サイトを調べたところ、楽器挫折者救済合宿である。楽器挫折者を対象とし、千葉県の廃校を利用した2泊3日の音楽合宿で、最終日は発表会もあるそうだ。音楽の対象はポップス系バンドのようである。朝日新聞の記事が功を奏したのかドラムスは定員になったとか。

私はクラシック・バロック系愛好家でかつ楽器挫折者ではないのでこの企画とは無縁だ。ただこの記事をきっかけに、私がどんな楽器をやりたいのか、考えてみた。

先ずはヴァイオリン。小さいときに少しだけやっていたが、小学校5年生のころ、レッスンについていた先生が替わり指導が厳しくなり、嫌になって辞めてしまった。いつかまたやってみたいと思っており、あと数年後に始めるつもりである。使用予定楽器もいま飾りとして壁に架かっている。自分としては1年くらいレッスンを受け、それから市民オーケストラに入ってセカンドヴァイオリンの後ろの方で弾くつもり。と言うと、アマチュアヴァイオリン弾きの家族は「才能無いよ」との答え。

次にやりたいのは、楽器ではなく歌。それもカウンターテナー。ドミニク・ヴィス、マイケル・チャンスのファンである私は数ヶ月の合唱経験しかないので声楽は未経験に近いが、これもプロのレッスンを受けてチャレンジしたい。(なおカストラートではないので念のため。)

その次はリコーダー。やはりバロック愛好家としては必須の楽器だろう。ヘンデルの合奏協奏曲の緩徐楽章のリコーダーソロ程度は演奏できるようになりたい。

そして最後は、バロック音楽とは無縁の電子楽器であるテルミン。演奏している姿は手をヒラヒラするだけ、という、楽器演奏にはほど遠い格好である。音はオンド・マルトノに似ていて電子楽器なのに柔らかい。テルミンのドキュメンタリーをCS放送のクラシカジャパンで見て、やりたくなった。この楽器にピッチはないから、バロック楽器とピッチ415Hzでデュエットをやったら面白いだろう。

番外としてバンドネオンもやりたいが、これはかなり難しい楽器のようなので無理かもしれない。チェンバロもやりたいが、指が固まってしまってもう無理だろう。

上記のヴァイオリン、カウンターテナー、リコーダー、テルミンは、数年後から1年交代で順番に循環でやってゆくつもりである。そのときこのブログがまだ存在していれば、各レッスン過程を記事にしたいと思っている。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/15/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS