防災無線のうるさいゐなかの私2

2007年6月20日 (水)

先月書いた記事防災無線のうるさいゐなかの私の続編。昨日(19日)は防災無線放送が大変うるさい日で、4回も放送があった。次の内容である。

  1. 昼の音楽(毎日定例)
  2. 隣町の行方不明者。見かけたら知らせよ。
  3. 車上狙い盗難が発生。車を離れるときはロックせよ。
  4. 教育委員会からのお知らせ(毎日定例化。先の記事のとおり。)

この中で許せるのは「2」のみだ。行方不明者の特徴などをゆっくり話し、繰り返して2回放送するので放送時間は結構長いのでうるさい。しかしこれは緊急事態だろうから許せる放送だ。(以前ある都会に住んでいたときにはこのような内容の放送は記憶に無いが、田舎ならではのこととして良しとしよう。)

「3」は無意味。「車を離れるときはロックしましょう」など当たり前の話で、もしロックを忘れて盗難にあったらそれは自己責任。そしてロックをうまく解除して盗むのが「彼ら」の仕事。この放送内容は「防犯」の顔をしているが全く無意味な内容、ということになる。「交通安全週間です。車には気を付けましょう」の放送と同程度に無意味だ。だいたい車上狙いのような盗難事件やその他の犯罪はこの地域ではほとんど毎日のように発生しているはずだ。それが何故、今日のみ、かつ車上狙いに限定して放送されるか。放送の主体は自治体だが、自治体は警察の言いなりに仕事(放送)をしている、としか思えない。

「4」は先の記事のとおり全く無意味な内容の放送で、この1年、放送が定例化してしまった。

こうなると「1」も全く無意味な放送だ。「1」の目的は、他の地域の防災無線と同様に、必要時に正常な放送ができるように毎日のチェックの目的だろう。もしそうなら、「1」と「4」を共に毎日放送することは全く無意味だ。そもそも、この放送設備チェックの目的で毎日放送する必要があるのだろうか。私はせいぜい月に1回で充分、と考える。

この放送は近所の塔のスピーカーから割れた歪んだ音で放送される。その音量は結構大きく、先の記事のとおり、電話に支障のあるレベルである。うるさい日本の私の著者の中島教授なら、デシベル計で騒音を計測して自治体に掛け合うかもしれない。しかし私はそこまではやる気はない。私はその音量が騒音であることの問題もさることながら、「お上」がこのように一見正当で実は無意味な内容の放送を恣意的に垂れ流すことが一番問題と考えており、そのことを彼ら(自治体側)が認めて放送を中止するはずが無いからだ。

一時も早く、防災無線の無い場所に引っ越したい。ただそのような場所は、いまは有っても将来は無いだろう。権力側が市民への管理強化・プロパガンダのためにこの放送を利用することが予想されるからだ。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/23/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS