防災無線の怪

2007年7月27日 (金)

巷のうわさでは、Z党は政府とグルになって明後日の参議院選挙の投票率を下げることにやっきになっているらしい。

7月20日の中日新聞記事によれば次のとおりだ。

総務省は20日、参院選(29日投開票)で全国5万1743カ所の投票所のうち、28・7%に当たる1万4840カ所で、午後8時の投票締め切り時刻を繰り上げると発表した。

「平成の大合併」で自治体の面積が広がり、開票所への投票箱の運搬に時間がかかることから、開票開始時刻に間に合わせるよう終了時刻を早める自治体が多いためとみられる。

開票時間のために投票率を下げる行為をとるとは本末転倒だ。ひとりでも多くの投票を促すのが彼らの仕事のはずなのに。3割近い投票所が投票率を下げる行動とは異常事態。

私の嗅覚は、これはZ党の凋落を防ぐための仕組まれた行動、と見る。そのもうひとつの証拠が、私の住んでいる場所の防災無線。

この防災無線は昨年から毎日うるさい放送が続き、私はうんざりしている。このブログでもそのことについて防災無線のうるさいゐなかの私という記事と、防災無線のうるさいゐなかの私2という記事に書いている。

毎日うるさい放送が始まる以前、選挙が近づくと毎日のように選挙管理委員会から放送があった。内容は、選挙日と期日前投票のお知らせ。記憶は定かではないが、投票日の1週間前くらいから投票日まで毎日放送があった。

それなのに、今回の参議院選挙ではその放送はまだ1回も無い。

放送がうるさいという苦情があって放送を止めたのではない。それが証拠に、車上狙い警告や農薬散布のお知らせは時々ではあるが相変わらず放送されているのだ。もちろん教育委員会からの無意味な内容の放送は毎日放送されている。

今回だけ選挙に関する放送のないことは異常だ。ということは、今回の選挙は投票率を上げたくない勢力が各選挙管理委員会に圧力をかけているのではないか、または選管側が政権党を慮って行動したのではないか、と私は思っている。

一般に、投票率が上がると浮動票層・政党支持無し層の投票が増えるので、それらの層は今回はZ党批判層と見なして政権側は投票率を下げる行動に出たのだろう。しかし市民を甘く見てはいけない。投票率が低いときに必ず投票に行くのは政権批判層なのだ。投票率を下げたことが返ってZ党批判率を上げる可能性があるのだ。

29日の投票率、そして選挙結果が楽しみだ。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/45/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS