ノリントンの第9

2007年8月3日 (金)

先日このブログで演奏会案内/ベートーヴェン・第9という記事を書いた。ふと古楽器によるベートーヴェン・第9の演奏を聴きたくなり探したところ、ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ演奏の映像があったので早速見た(聴いた)。

この演奏、クラシカル楽器による演奏である。クラシカル楽器はご存じないかたも多いと思うが、バロック楽器とモダン楽器の中間に位置する楽器で、ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェン当時の楽器と思えば間違いない。

弦楽器は弓がクラシカル弓。ヴァイオリンのクラシカル弓の形はバロックよりモダンに近いが弓の毛と棒の間隔が広いように見える。

金管楽器はナチュラル楽器。ナチュラルホルン、ナチュラルトランペット、サックバット(トロンボーンの前身)。ホルンはナチュラルなのでバルブはなく、右手のハーフミュートで音程を変えて演奏する。

木管楽器は、バロック楽器にキーが増えたような楽器。たとえばフルートは、バロック時代のフラウト・トラヴェルソと管の形は似ているがキーが増えている。オーボエはバロックオーボエとは形が少し異なり、現代のウィーンフィルで使用されているウィンナオーボエに形が似ている。キーの数もバロックオーボエよりはかなり多い。音色もウィンナオーボエに似ているがそれよりソフトである。

そしてこの演奏のピッチは恐らくA=430Hz。クラシカル楽器による演奏は通常430だ。現代のオーケストラのピッチである440~445(通常442)より約1/4音だけ低い。ちなみにバロック楽器のピッチは通常415で、フレンチピッチ(ベルサイユピッチ)は392である。

さてこの第9の演奏の特徴は、きびきびとした速いテンポ。ノリントンはベートーヴェンのメトロノーム指示を丁寧に守っているらしい。ただ2楽章のメトロノーム指示のないPrestoが意外に遅く、驚いた。ちなみにベートーヴェンの使用したメトロノームはテンポが狂っていたという説が一般的である。指示を守った演奏は少なく、守るとかなり速く感じられる。

もうひとつの特徴は、弦楽器のノンヴィブラート。その結果として、音程の悪さがかなり露呈している。難しそうではないのに音程が悪い、と思う箇所がかなりあった。第4楽章冒頭のコントラバスもかなり音程のずれた音があり、驚いた。ちなみに弦楽器は古楽器だから音程が悪い、ということは有り得ない。奏者のレベルの問題かもしれない。プロでもこうなのだからアマチュアはノンヴィブラートの真似をすべきではないかもしれない。

ちなみに管楽器は古楽器のほうが音程が悪いと思われているがそうではない。楽器によりある特別の音だけが不安定になることはあるが、それ以外の音はモダン楽器より音程が良い。

と少し悪口になったが、ノリントンの音楽そのものと指揮ぶりは大変変化に富んで面白いものだった。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/49/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS