ベルリンフィルって下手になった?

2005年12月7日 (水)

映像でベルリンフィル演奏会を見た。その感想。

先日アップロードした記事衛星デジタル音楽放送「SPACE DiVA」と、元祖衛星デジタル音楽放送「ミュージックバード」のとおり、私は衛星デジタル音楽放送を2局契約している。これらは音声のみである。これ以外に、映像の音楽専門衛星放送の

クラシカ・ジャパンも契約している。このチャンネルはスカパーで見ることができる。

昨晩何気なくクラシカ・ジャパンを見たら、次の演奏会を放送していた。

ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調●[指揮]クラウディオ・アバド[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団[収録]2001年2月11日ローマ聖チェチーリア音楽院ホール、約34分

1楽章の途中から見た。最初はどこのオーケストラかわからなかった。かなり雑で、リズムも乱れ、音が汚い。と思ったら、指揮者の顔が映った。なんとアバド。オーボエのマイヤーの顔が見えたので、ベルリンフィルとわかった。うーむ、完璧で機械のようなベルリンフィルが、どうしてこんなにひどい演奏をするのだろう。

弦の中でも、ヴァイオリンが良くない。以前と比べて若手が増えているようなので、そのせいだろうか。もしくは、イタリア演奏旅行でメンバーがいつもと違うのだろうか。

ただ木管は良かった。オーボエのマイヤーと、クラリネットのトップ(フックス?)は極めてすばらしかった。弦のレベルが下がった、ということだろうか。

さて今年の8月頃の話である。車を運転しながらFMを聞くと、モーツァルトのシンフォニーをやっていた。上記の演奏なんてものではない、極めてひどい演奏。私はてっきり日本のオケか、と思った。最後にアナウンスを聞いて吃驚。ラトル指揮ベルリンフィルだった。

その数日後、やはり車を運転しながらFMを聞くと、モーツァルトの別のシンフォニーをやっていた。今度はすばらしい演奏だった。モダン楽器のオーケストラで演奏するモーツァルトとしては最上級の演奏と思った。最後にアナウンスを聞いてこれまた吃驚。オケは同じベルリンフィル。そして指揮は、古楽の雄、クリスティだった。

アバドもラトルも、ベルリンフィルとは相性があまり良くないのではないか。そしてベルリンフィルは、相性の悪い指揮者での演奏レベルが以前より低下したのではない

か。私はそのように思っている。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/77/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS