「戦後60年 作家・野坂昭如さんの寄稿」について

2005年12月20日 (火)

5日ほど前の毎日新聞に掲載された記事戦後60年 作家・野坂昭如さんの寄稿の感想を述べたい。

この「平和」な日本で、異常とされる事件が多発し、世間は驚き嘆き、殺人ゲームの影響だのビデオがどうした、家庭環境、教育問題をあげつらい、精神病理学、心理分析の専門家はしたりげに解説、通りいっぺんの講釈を述べる。しかし問題はそう簡単じゃない。世間にしてみれば他人事、自分とはかかわりのない事件とみなし、本質について誰も考えようとしない。

 この曖昧(あいまい)さこそ日本人の特徴。この前の敗戦を振り返ることなく、うやむやのうち繁栄を遂げ、「平和」というスローガンに、いつしか日本人は自分でモノを考えなくなった。そのツケがまわってきたのではないか。

野坂氏は「日本人は自分でモノを考えなくなった」と書いている。その原因はいわゆる「平和ボケ」との説。私は他にも原因があると思っている。それは、日本が自分の意見を主張し難い社会である、ということだ。戦前・戦中は体制と異なる主張は投獄、場合によっては死を意味した。戦後においても、そのレベルは下がったとはいえ、大勢の意見を前に自分の意見を表明しにくい風土は生き残っていあ。自分を主張することは和を乱す良くない行動と見做される価値観が生き残っていた。そして9・11以降、その傾向はますます強まっている。その流れの中で大衆は自分の意見を表明しようとすることをますます避けるようになった。その結果、大衆からは思考能力が失われていった、と私は考える。大衆、特に若者について野坂氏は次のように述べている。

今、若者にとって、新聞やテレビで報道されている内容について、それがいいかげんなのかどうかすら判らない。国際情勢や国内における問題は、自分の上を通りすぎていくことであり、これは、都会における四季の移り変わりに等しい。かたや大人たちは、子供としゃべることを放棄しているがごとく見える。言葉がない、日本語がない。これでは記号が飛びかった戦争中と変わらないじゃないか。

大衆の中でも若者が思考能力を失い、そして年長者が若者との議論を放棄したとの説。前者は私もそのように思う。しかし後者の説は結果としてはそう見えるが、それは年長者の意図したものではない。議論というものは両者が対話・議論する意思があって初めて成り立つものなのに、考える意思のない若者には議論する意思がないからだ。そして議論であれば、そうする意思だけでなくある程度の議論能力も必要。でもそんな能力は教育されていない。これは国側の策略かもしれない。統治しやすい「国民」にするために。

意見が違っても構わない、大人の言葉を聞かせる仕組みを構築すべきだろう。

それはそのとおりなのだが、具体的には、と聞きたくなる。

戦争に負けて、大人たちの態度はガラリと変わり、昨日までの敵も何もない。人も国家も一日で変わり得る、それが人間というもの。だからこそ、今現在、常に疑問を持ち、疑ってみる必要があるのだ。

いつも疑うこと、が野坂氏の解なのだろう。でも疑うことを忘れた羊にどうやれば疑うことを教えることができるだろうか。狼(軍国主義)でも放すか。

戦後の繁栄を謳歌(おうか)する中、いつしか日本人は、個人で地道にものを考えることをしなくなった。ムードに流されて支持、不支持の意見を表明、その音頭をとっているのがマスコミ。この図式は、さらに酷(ひど)くなっている。

まったくそのとおり。マスコミの責任は甚大である。

何にせよ、しゃべりあうことが大事。生きた言葉で議論することに意味がある。

それはそのとおり。しかししゃべりあう(議論する)ことのできる人がどんどん減っていることが問題なのだ。

この記事のトラックバックURL:
http://www.momologue.net/archives/84/trackback/

コメント投稿

(承認制となっております。)


(必須)


(必須ですが表示されません)



コメント・トラックバック一覧(0)

この記事にはまだコメントがついていません。

 

QLOOK ANALYTICS