カテゴリー:コンサート

J.S.バッハ/カンタータ第21番を聴いて

2007年7月1日 (日)

昨日(6月30日)、下記の演奏会を聴いた。

Soli Deo Gloria<賛美と祈りの夕べ> Vol.233
—三位一体の祝日後第三の日曜日のために
聖書朗読 廣田登 牧師
バッハ カンタータ第21番
Ich hatte viel Bekuemmernis<わがうちに憂いは満ちぬ>BWV21

日本キリスト教団 本郷教会礼拝堂(東京・上荻)

ソプラノ 今村ゆかり
アルト  柴田圭子
テノール 依田卓
バス   淡野太郎/中村誠一

ユビキタス・バッハ
ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京
メンデルスゾーン・コーア有志

このグループは、その日(近傍)の教会暦にちなんだJ.S.バッハのカンタータを聖書の朗読付きで演奏している。「Soli Deo Gloria<賛美と祈りの夕べ>」というタイトルで、年に10~20回演奏しているようで、今回はその233回目の演奏会。233回とは飽きっぽい私からは想像もできない回数。本当に地道に活動を続けているグループだ。器楽は「ユビキタス・バッハ」。合唱は「ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京」に、今回は「メンデルスゾーン・コーア」有志が加わった演奏。

教会での聖書朗読付きのカンタータの演奏なので、これは通常の演奏会とは形態が異なる。宗教色の強い演奏会であり、キリスト教徒にとっては宗教行事に音楽が付随しただけ、かもしれない。キリスト教徒の立場に立てば教会音楽を演奏する行為そのものが祈りであるから結果の音楽に対する感想は何の意味も持たないだろうが、私はキリスト教徒ではない音楽愛好家なのでこの演奏についての音楽的な感想を述べることにする。

一言で言うと、肉太の演奏だった。昨今のバッハの演奏は、モダン楽器であっても古楽器を意識した、音のふくらみや減衰を多用する演奏が一般的だ。しかし上記演奏はそれに逆行した、一昔前のバッハのスタイルである。ただ30年前のカール・リヒターのような強烈な音楽では全く無い。ちょっと地味で無骨ではあるがフレーズの大きな音楽を作ろうとしていることはわかった。

指揮の淡野太郎氏はバッハゆかりの地であるライプチヒで歌っていた人物。そう、この音楽の作りはライプチヒ・ゲヴァントハウス・バッハオーケストラのスタイルなのだ。同オケの日本公演では、古楽器演奏を勉強せずに取り残された過去の遺物、のようなひどい演奏評が新聞に書かれていた。しかしそこには自分たちの音楽を自信を持って守るライプチヒの人々の存在が垣間見えていたように感じた。淡野太郎氏も、その数十年前のバッハ演奏のスタイルを守るその立場に立った演奏を目指したと思う。

しかし古楽器愛好家の私には不満は残った。たとえばオーボエ。この曲はオーボエ奏者にとっては一生のうちに一度は演奏したいオーボエの名曲らしい。しかしこの演奏、繊細さのかけらもない一本調子の演奏だった。最後にバテてしまっていたのは愛嬌としても、大変残念だった。

なおこの団体はモダン楽器によるモダンピッチの演奏であるが、一部にバロック楽器も入っていた。コンサートマスターはバロックヴァイオリン。またトランペットはナチュラル・トランペット。ティンパニもバロック・ティンパニ。しかし無理をしてバロック楽器を使用した効果は無かったように思う。たとえば第一曲。この曲のヴァイオリンはコンサートマスタ(バロック・ヴァイオリン)のソロで演奏していたが、オーボエとヴァイオリンが切々と物語ることには全く成功していなかった。そもそもバロックヴァイオリンではモダンオーボエと音量的にバランスの悪すぎることが大きな原因である。そしてバロックヴァイオリンの演奏スタイルも、バロックヴァイオリンなのにバロック奏法ではなかった。淡野太郎氏の目指す音楽がライプチヒのバッハなら古楽器の演奏スタイルの正反対のスタイルと思われるので、古楽器で演奏する必要はまったく無い、と私は思う。

技術的には、合唱はすばらしかった。聞くところによるとこの演奏会のための練習は直前の日曜日の1回だけらしい。1回だけでこのレベルまで歌える合唱団はすばらしい。また声楽ソロでは、ソプラノの今村ゆかり氏がすばらしかった。

この団体、今後も地道に宗教音楽活動を続けてゆくと思う。また半年・一年後に聴いてみたい。そのときも音楽はライプチヒスタイルのままか、または古楽器演奏的要素が加味されるか、興味のあるところである。

アンサンブル・ヴィンサント演奏会

2006年2月9日 (木)

次の演奏会を聴いた。

三宮正満&アンサンブル・ヴィンサント デビューコンサート
2006年2月8日(水)
日本福音ルーテル東京教会

バッハ:協奏曲 ニ長調[BWV42-1068-1054]
Johann Sebastian Bach(1685-1750)
Concerto in D major from BWV42/1-1068/2-1054/3

ゼレンカ:「ヒポコンドリア」 イ長調 ZWV187
Jan Dismas Zelenka (1679-1745)
“Hipocondrie” a 7 Concertanti in A major ZWV187

パッヘルベル:「カノンとジーグ」 ニ長調
Johann Pachelbel(1653-1706)
Canon & Gigue in D major

バッハ・オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1060R
Johann Sebastian Bach(1685-1750)
Concerto for Oboe & Violin in D minor BWV1060R

テレマン:オーボエダモーレ協奏曲 イ長調 TWV51:A12
Georg Philipp Telemann (1681-1767)
Concerto for Oboe d’more in A major TWV51:A12

ゼレンカ・8声のシンフォニア イ短調 ZWV189
Jan Dismas Zelenka (1679-1745)
“Simphonie” a 8 Concertanti in A minor ZWV189

メンバー:
三宮正満:オーボエ(リーダー)
荒木優子:ヴァイオリン・ソロ、
川久保洋子:ヴァイオリン1
長岡聡季:ヴァイオリン2
山口幸恵:ヴィオラ
懸田貴嗣:チェロ、
西澤誠治:コントラバス
鈴木優人:チェンバロ
尾崎温子:オーボエ2、
功刀貴子:ファゴット

三宮正満氏はバッハ・コレギウム・ジャパンのソロオーボエ奏者。その三宮氏が自分の古楽器アンサンブルを組織し、そのデビューコンサートだった。日本の古楽器界の貴公子またはイケメンと言われているが、この演奏会はまさに貴公子のイメージにふさわしい演奏会だった。

プログラムによれば、アンサンブル・ヴィンサントのコンセプトは次のとおりである。

音楽」と言えば、思い出される名旋律の数々。これらの「バロックの名曲」はなぜかコンサートの場ではなかなか聴くことができません。ヴィンサントでは、長年親しまれてきた名曲を、古楽器でじっくりと聴いて頂きたいと思っています。一方、図書館の奥に眠っている出版もされていないようなとてもマイナーな作曲家でも新たなる「バロック名曲」となり得る音楽も紹介し、有名曲と無名曲の二本立てで皆様に楽しんで頂こうと思っております。

プログラムはこのコンセプトに則った盛り沢山の曲目だった。

三宮氏の音は、いつもバッハ・コレギウム・ジャパンで聴いている音色だったが、初めて氏の音を聴いた聴衆は予想と違って少し驚いたかもしれない。普通のバロックオーボエの音色は素朴さを感じさせるが、氏の音色は素朴さは全く無く、輝きがありビロードのような肌触りの音色である。

さて、前半のメイン曲の「バッハ・オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1060R」は、三宮版といえる版。BWV1060のチェンバロ協奏曲のチェンバロ独奏パートをチェンバロパートにかなり流用し、チェンバロパートが通奏低音パートから「格上げ」された編曲である。三宮氏の意図はおそらく「オーボエ、ヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲」としたかったのだ、と思う。また最近流行のハ短調ではなくニ短調としたことも特徴だった。ハ短調は音が暗くくすんでしまうが、ニ短調としたことでヴァイオリン・オーボエが輝きをもって響いていた。ただチェンバロはもう少し音量のある楽器を使用したほうが効果的だったかもしれない。演奏は、速めのテンポで颯爽と駆け抜けた3楽章が素晴らしかった。

メイン曲の「ゼレンカ・8声のシンフォニア イ短調 ZWV189」は本当に素晴らしい演奏だった。そもそもこの曲は技術的に極めて難しい。すべてのパートが難しい曲なのだ。そしてとりわけオーボエに、極端に難しいと思われる部分があった。三宮氏のその演奏、完璧だった。ヴィルティオーゾというにふさわしい演奏だった。

三宮氏以外の演奏家も素晴らしかった。ファゴットの功刀氏の音程の良さには驚嘆した。バロックファゴットは音程が非常に難しい楽器なのに、完璧な音程。また2ndオーボエの尾崎氏のアンサンブルテクニックも見事だった。2ndオーボエは目立たないがある意味では1stオーボエより難しい。その難しさを聴衆に感じさせない演奏だった。また、メンバーが皆音楽を楽しんで演奏していることが良くわかる演奏であることも良かった。

日本の古楽器界のレベルの高さがよくわかった、素晴らしい演奏会だった。

モーツァルト・アカデミー・トウキョウ旗揚公演

2006年1月6日 (金)

モーツァルト・アカデミー・トウキョウ(MAT)演奏会を聴いた。

モーツァルト・アカデミー・トウキョウ 第一回演奏会
1月5日(木)19時開演 新大久保 日本福音ルーテル東京教会

W.A.モーツァルト
 「昇れ、天への道を」KV 34
 「神はわれらが避け所」KV 20
キリエ KV33
先ず神の国を求めよ KV86
ミサ・ブレヴィス KV49
  「雀ミサ」KV 220
テ・デウム KV141

モーツァルト・アカデミー・ヴォーカルアンサンブル
  ソプラノ:名倉亜矢子、星川美保子、本宮廉子
 アルト:穴澤ゆう子、田村由貴絵、北条加奈
 テノール:及川豊、野村和貴
  バス:大井哲也、小田川哲也、春日保人

モーツァルト・アカデミー・チェンバーオーケストラ
 ヴァイオリン:
 天野寿彦、石川和彦、大西律子(リーダー)、川久保洋子、廣海史帆、宮崎桃子
 チェロ:山本徹  コントラバス:西本俊介  オルガン:渡部聡
 トランペット:中村孝志、足立悠司
 ティンパニ:鈴木力

指揮:坂本 徹

この団体は、プログラムによれば「モーツァルトを始めとするヨーロッパ古典派音楽をレパートリーの中心とする」古楽団体である。オーケストラはクラシックまたはクラシカル楽器で、ピッチは430Hz、古典調律。メンバー表を見ると、ヴォーカルはバロックから古典の演奏では日本のAクラスのメンバー。オーケストラは若手が中心。

今年はモーツァルト生誕250年。そしてモーツァルトの誕生日が1月27日ということにちなみ、モーツァルトの若い(というより子供)の頃の作品を中心とするプログラムである。私にとっては「雀ミサ」以外は初めて聴く曲だった。

最初の「昇れ、天への道を」はトランペット・ティンパニの入ったにぎやかな曲なのだが、オケはあまり鳴らず、またヴォーカルもちょっとザラついていた。

演奏会を聴くと、どの演奏会でもたいてい最初の曲は良く聞こえない。一般的には演奏者の体が暖まっていないから、と言われている。しかしそればかりでなく、聴衆側の問題もあると思う。最初の音が鳴った瞬間、それはたいてい自分が予想した響きと異なるからだ。今回は旗揚げ公演なので、このMATなる団体の音は聴いたことがないので、ホールとメンバーを見て予想した音と実際の音は違うのが当然だ。なので最初の曲はあまり良く聞えないのでは、と私は思う。そして曲が進むにつれ、演奏者は当然熱くなり、聴衆も響きに慣れ、だんだん良く聞えてくる、と私は思っている。今回もそのパターンだった。

最初はそうだったが、「キリエ KV33」あたりから本領発揮。オーケストラの弦の音は透明で表現力がある。ヴォーカルも、全般にテナーとソプラノが良かった。テナーの及川氏がすばらしかったと思う。

メインの「雀ミサ」はなかなかの好演だった。途中には「書簡ソナタ」(いわゆる教会ソナタ)というオーケストラだけの曲が挿入されたが、それもすばらしかった。

この演奏会は、旗揚げ公演としては大成功だったと思う。ホールが少々小さいこともあり、補助席まで出した満員の聴衆だった。しかし次回からは、音楽の方向を揃えることが必要、と思った。具体的には、指揮の坂本氏の求める音楽と、ヴォーカルのバスパートの音楽は少々乖離しているように思った。しかし恐らくはあまり多くないリハ回数でこのレベルまで演奏できた坂本氏の手腕は大したものである。

なおトランペットはもちろんナチュラルトランペットである。ハイトーンをほとんどはずさずに見事に吹いていたが、なんとアマチュア奏者であることを付け加えておく。

次回以降の演奏会が楽しみな団体である。

アニムス=クラールス室内管弦楽団・合唱団演奏会

2005年12月17日 (土)

次の演奏会を聴いた。

Animus Clarus

アニムス=クラールス室内管弦楽団・合唱団

第11回演奏会

オール・ゼレンカ・プログラム

~アウグスト強王時代のドレスデン宮廷音楽~

ヤン・ディスマス・ゼレンカ

Jan Dismas Zelenka (1679-1745)

●7声の「ヒポコンドリー」イ長調

Hipocondrieà 7 concertanti A-dur, ZWV187

●ミゼレーレハ短調(詩篇第50番)

Miserere c-moll(Psalm 50), ZWV57

●聖三位一体のミサ曲イ短調

Missa Sanctissimae Trinitatis a-moll, ZWV17

2005年12月17日(土) 15:00開演

浅草教会

指揮・チェンバロ:三重野清顕

アマチュアの室内オーケストラ・合唱団である。私は初めて聴く団体である。チェンバロの三重野氏がチェンバロを弾きながら指揮をするスタイル。変わっているのは楽器で、トロンボーンは古楽器(サックバット)であった。しかしピッチはモダンピッチ。珍しいことにテオルボ(低音リュート)が入っていた。他はモダン楽器。

楽器が普通でない上、プログラムも尋常ではない。すべてゼレンカの曲という、プロ団体ではあり得ない選曲。

ゼレンカは上記プログラム記述のとおり1679年生まれなので、大バッハの6才年上という事になる。ゼレンカの曲で恐らく一番有名なのは、「2本のオーボエとファゴットのためのソナタ(全6曲)」だろう。このソナタはオーボエ吹き泣かせの難曲として有名らしい。今日聴いた3曲は、私は初めて聴く曲だった。このような珍しい曲を演奏する際にはパート譜に苦労すると思うが、見たところ手書きのパート譜と、スコア拡大コピー切り貼り譜だった。自分たちで楽譜を作るとは大変なエネルギーを持った団体である。

初めて聴くゼレンカのこれらの曲は、特に前半の2曲は和声が面白かった。半音階もあり、多彩な曲だった。またメインのミサは壮麗な大曲。18世紀前半の曲というと大バッハを思い浮かべるが、ゼレンカを聴くと大バッハの音楽は当時時代遅れと見做されていたことが実感としてわかる。

さて演奏だが、場所の問題が大き過ぎで本来の持ち味があまり出ていなかったと思う。場所は教会だが天井が低く、客席数も100ちょっと。その狭い空間なのにオケは良く鳴るオケなので、聴いていて疲れる場面もあった。プログラムを見ると、この団体は今まで三鷹氏芸術文化センターなどの音響に優れたホールで演奏してきたようだ。本日も音の良いホールで聴きたかった、ということが最初の感想である。

指揮の三重野氏は指揮よりもチェンバロの演奏がメインとなっているようで、オケへの指示が細かくは行き届いていなかったと思う。狭い空間でオケが鳴りすぎているためかなり強く押さえなければならない場面でも、それが出来ていなかったのは残念である。プログラムノートは三重野氏の筆。それを読むと彼は音楽学をよく理解していることが良くわかった。そしてチェンバロの腕も一流である。しかし状態の悪いホールでチェンバロを弾きながらの指揮は、三重野氏といえども少し無理があったように思う。

全般に管楽器は非常に良かった。特にオーボエは、音色は私はあまり好きではないが好き嫌いは別にして技術レベルは大変高かった。またフルートは、ノンヴィブラートに徹したことに敬意を表する。フルートという楽器はロングトーンでもヴィブラートをかけるのが当たり前なのにそうしないということは、大変な努力を要するはずだからである。

それにしてもこの団体の目指す方向が良くわからなかった。楽器は一部に古楽器が入り、チューニングも古典調律のようで弦を1本づつ調弦している。しかし演奏は、ほとんどの弦楽器メンバーは通常のモダンオケでシンフォニーを演奏している演奏スタイルだったように思う。具体的には音の減衰が少ないため、古典的響きに乏しい。音がうるさく感じたのも減衰の少なさに起因している部分もある。このオケは、演奏スタイルも古楽器的方向を目指すのか、逆に古楽器が入っていてもモダン楽器の特徴を全面に出した演奏を目指すのか、その方向が私にはよくわからなかった。

最後に演奏とは関係ない苦言を2つ。ホームページには演奏会の場所の地図を掲載してもらいたい。近所にほとんど同じ名前の教会があるため、どちらか判断できなかった。それから、プログラムには出演者の名前を掲載していただきたい。

この団体はメンバーは若く、若いエネルギーに満ちている。そしてユニークさは真似できない。この団体の今後に非常に期待している。

くにたち市民合唱団演奏会

2005年11月27日 (日)

次のコンサートを聴いた。アマチュアの演奏会である。

くにたち市民合唱団演奏会

モーツァルト/c-mollミサよりキリエ

モーツァルト/アヴェ・ヴェルム・コルプス

モーツァルト/レクイエムよりレクイエム

J.ハイドン/ハルモニーミサ

指揮:坂本徹

ソリスト:本宮廉子・田村由貴絵・及川豊・大井哲也

オーケストラ:くにたちオラトリオアンサンブル

合唱:くにたち市民合唱団

2005年11月26日(土)くにたち市民芸術小ホール

合唱のレベルは高かった。しかしソリストが合唱と一緒に歌い、またエキストラが8人も入っているため、合唱団の本来の腕前はわからない。

オーケストラは、アマチュアをベースとしてプロが4人入っていた。コンサートマスタ・セカンドヴァイオリントップ・チェロトップ・オーボエトップがプロ。プロといっても、4人とも古楽器のプロである。しかしピッチはモダンピッチ。調律は平均律ではなく恐らくヤング。

チェロトップは、驚いたことに赤津眞言の室内楽演奏会のチェロの高橋氏であった。オーケストラのリーダーはコンサートマスタではなくチェロの高橋であった。その動作を見るだけで、どのような音で演奏しなければならないのかがはっきりとわかる演奏。すばらしい音楽性とリーダーシップであった。彼が著名な古楽器オーケストラのLa Petite Bandeの首席チェロ奏者であることも容易に頷ける。

このプロメンバーが中心となり古楽器オケ的な厳密なアンサンブルをつくろうとしていた。しかしアマチュア組、特にヴァイオリンがそれを邪魔していたのは残念。また譜面をめくる音が乱暴で音楽の流れを阻害するヴァイオリンメンバーがいたのも大変残念だった。

演奏は全般にクリアできびきびした音楽だった。特にハイドンがそうであった。総合的には良い演奏なのだが、オケはやはりプロの古楽器オケで聴きたい、と思ったことも事実であった。

 

QLOOK ANALYTICS