赤津眞言の室内楽演奏会

2005年11月23日 (水)

次のコンサートを聴いた。

オーケストラ”ファン・ヴァセナール”の室内楽-その6

「ボヘミアンからバッハ」 17世紀ボヘミアの作曲家達

  バロック・ヴァイオリン:赤津眞言

  バロックチェロ:高橋弘治

  チェンバロ:岡田龍之介

  2005年11月22日(火)淀橋教会・小原記念チャペル

演奏曲目は、サブタイトルのとおり17世紀のボヘミアの作曲家による室内楽曲である。

バロックヴァイオリンの赤津はオランダ在住。海外で活躍している古楽器奏者の一人である。

最初の曲目はビーバーのヴァイオリンソナタ。最初の和音から度肝を抜かれた。音程が完璧に合っているのだ!!濁りのないすばらしい響きの世界に私は引き込まれて行った。このレベルまで濁りのないグループは極めて稀だ。

そして赤津のすばらしい技巧と表現力に圧倒された。最後の曲もビーバーのヴァイオリンソナタ。途中で調弦を変えることで響きを変化させる曲で、また技巧的にも難曲だが、彼の演奏は圧巻であった。

プログラムはほとんど名も知らぬ作曲家ばかりなので、地味な演奏会、と予想していたがとんでもない。多彩な音楽を楽しむことができた。

ちなみに、チェンバロの調律は私の鈍い耳ではわからなかった。私がいつも接しているヴァロッティやヤングよりは前の時代で、ミーントーンよりは後の時代の調律のようで、キルンベルガーかもしれない。

久しぶりに音楽を堪能した2時間であった。

衛星デジタル音楽放送「SPACE DiVA」

2005年11月23日 (水)

「SPACE DiVA」という衛星デジタル音楽放送局がある。この放送局の存在を知っている人は少ないようだ。ホームページは SPACE DiVAである。

この放送を聞くには専用アンテナとチューナーが必要。アンテナは南南東方向に向けなければならない。

この放送には現在約150局のチャンネルがある。クラシック、ジャズ、歌謡曲やBGMまで、ありとあらゆるジャンルが網羅されている。音楽のみならず、「渚の風景」という波の音のみのチャンネルや、パチンコ屋専用と思われる「軍艦マーチ」チャンネル、「閉店挨拶(蛍の光)」まである。これだけ多くのチャンネルがあるということは、音質は残念ながらCD音質ではなく、MP3である。

クラシック音楽系チャンネルは9チャンネルある。そのなかで私のお気に入りは「バロック」チャンネルである。特に私のお気に入りの古楽器系演奏も多く、仕事中に小さな音で流しっぱなしで聞いている。

「バロック」チャンネルの欠点は2つ。ひとつは、ソースが少ないのか数日毎に同じ曲が流れること、そしてもうひとつは、緩徐楽章をときどきカットすることである。この2つ目の欠点は曲によりカットが決まっているようである。たとえば、J.S.バッハのブランデンブルグ協奏曲第2番の第2楽章は、「バロック」チャンネルでは聞いたことがない。第1楽章が終わり、私の頭のなかで第2楽章の冒頭が流れるが、実際にスピーカーから流れ出る音は第3楽章である。

とはいえ、古楽器演奏を聞きながら仕事ができる幸せは満喫している毎日である。

ブログ開設

2005年11月23日 (水)

ブログを開設します。

 

QLOOK ANALYTICS