次世代MovableTypeまたは高機能なフリーCMS

2005年11月29日 (火)

ブログツールといえばMovableTypeの独壇場のようだ。ビジネスブログも然り。

最近はブログツールで作成したとはすぐには見抜けないホームページまである。そのようなHTMLファイルを生成するためのMovableType用テンプレートも多数、フリー・有料を問わず存在している。

MovableTypeにはCMS(Contents Management System)とも見做せる機能がある。しかしMovableTypeをCMSと言い切るには機能が不足している。私の関与している複数のホームページをMovableTypeで生成できないか検討したことがあるが、結論は、可能だが冗長な部分が多く無意味、であった。逆に、機能が豊富なCMS製品は高価なものがほとんどで私には手が出ない。

私が欲しいのは、MovableTypeの延長上にありCMS機能が豊富なフリーソフトまたは廉価なソフトである。

と思っていたところ、「絵文録ことのは」ブログにブログの「次」はこれが来る。DWS(デーサイ)=データベース→サイト化ツールの時代

という記事を見つけた。この記事のサブタイトルを見るだけでこの記事の要旨がだいたいわかる。次のとおりである。

・FTPの面倒くささからMTへ

・MovableTypeをブログらしくなく使う

・Movable Typeの限界とCMS

・CMSツールが使えない理由

・次世代のツールDWS/デーサイの特徴

・デーサイ時代のウェブサイト

・Google Baseはデーサイのプロトタイプか

・鬼が笑いまくる未来年表

「デーサイ」とはこの著者の造語で、「データベース→サイト化システム (Database to Website System)」とのこと。

この記事に対してはコメントの嵐となっている。このようなソフトを待ち望んでいる人は私の想像以上に多いようである。

ニーズがあるということは、ビジネスになる、ということである。それなら、作ってしまおうか!

次世代ブログ・CMSツールに要求される機能は、この記事に書いてあることが最小限だろう。さらに機能を付加しなければならないが、あまりに多機能だと使い難いことが多いので、機能設計は入念にやらなければならない。

それから、どのような開発・実行環境にするかも入念に検討しなければならない。

この次世代ブログ・CMSツールは動的ページ生成機能も必要なためperlでは性能的に苦しいだろう。またある程度の大きさ(中規模?)のシステムとなることが予想されるため、オブジェクト指向言語で開発する必要があると思う。

そうなると開発はJavaが最適だろう。しかし実行環境にはTomcatが必要になる。一般のレンタルサーバでTomcatが動作可能なサーバはほとんどないし、専用サーバではTomcatのインストールと設定(Apacheとの連携)にはある程度のスキルが必要なので、Javaでは一般ユーザには無理がある。

となると、実行環境の観点からはオブジェクト指向言語である必要から、PHP5か、Rubyか、Pythonか、Javaのスクリプト言語であるGroovyとなるだろう。

Java屋である私としてはGroovyでやりたいところだが、Groovyは日本語参考書はまだないようであるため、敷居が少し高い。ただ、膨大で(私の使い慣れた)Javaクラスライブラリが使用でき、また自作のクラスライブラリ使用も可能だろうから、それを考えるとGroovyも私にとっては有力な選択肢となる。

もしJavaなら、専用サーバ用にJava言語でシステムを構築し、そこで作成したクラスライブラリを利用してGroovyでも動くようにすれば良いだろう。私としては専用サーバ用は有料、Groovy版はフリーにしたい。

ただJavaでは、Groovyであっても一般ユーザにはなじみが少ないため、MovableTypeのようなヒットは期待できないだろう。となると、MovableTypeの向こうを張るには、PHP5,Ruby,Pythonのどれかで構築しなければならないだろう。

私はスクリプト言語があまり好きでないため、いままで本格的に勉強してこなかった。正月休みにでもPHP5,Ruby,Pythonをじっくり勉強して、どのスクリプト言語がオブジェクト指向スクリプト言語として使いやすいか判断することにしよう。

でもその間に、高機能なMovableTypeニューバージョンがリリースされたりして。。。

 

QLOOK ANALYTICS