ジンマン指揮/チューリッヒ・トーンハレ管のシューマン

2006年1月16日 (月)

昨晩何気なくCS放送のクラシカ・ジャパンを見たところ、シューマンの交響曲を放送していた。

シューマン:交響曲第3番変ホ長調『ライン』[指揮]デイヴィッド・ジンマン[演奏]チューリヒ・トーンハレ管弦楽団[収録]2003年10月トーンハレ(チューリヒ)、約34分

シューマン:交響曲第4番ニ短調[指揮]デイヴィッド・ジンマン[演奏]チューリヒ・トーンハレ管弦楽団約34分

私が見たのは「ライン」の途中から。バロック音楽好きの私なので「何だ、またロマン派の曲か」と少々がっかりし、聞き流していた。

ところが。。。普通のシューマンと全然違う。すっきりとして、すべての線が見えてくる演奏である。非常に音楽の流れがあり、さわやかなシューマン。こんな演奏は聴いたことがないため、引き込まれていった。

シューマンの交響曲は、演奏が非常に難しい。ユニゾンが多く、必要な音が埋もれてしまい聞えてこない。いつも厚ぼったく、もやもやとし、洗練の逆の音楽になりがちである。ベルリンフィルやウィーンフィルというような超一流のオーケストラでどんなに良い指揮者でも、この傾向からは免れることはできない。

ところが、デイビット・ジンマンというそれほど有名ではない指揮者と、歴史はあるが現在ではそれほど一流とは見做されていないチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団という組み合わせが、その「シューマン演奏の常識」をくつがえしたのだ。

このジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管の演奏の秘密は、古楽器的演奏にあった。フレーズを短く考え、フレーズの終わりは必ず減衰し、そのフレーズ最後の音と次の音の頭の間には隙間を設けている。この隙間は、通常考えられる字時間より長い。それをすべての場所で徹底している。そのため、演奏がすっきりし、音楽の線が良く見えてくるのだ。

またリズムが厳密で、まるで古楽器オケのようだ。バロック音楽は自由な音楽、と考えている人が多いが、それはバロック音楽の一面であり、実はバロック音楽はリズムが実に厳密が音楽である。それを演奏する古楽器オケは、当然リズム感は通常のモダンオケより良い。彼らは恐らく0.005秒の長さを意図的にコントロールできる。ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管のリズム感は古楽器オケに匹敵するすばらしさだった。

音程も、先日聴いたベルリンフィルベルリンフィルって下手になった?よりずっと良かった。

楽器については、トロンボーンは、その古楽器であるサックバットであった。しかしトロンボーン以外はモダン楽器に見えた。

私の見た限りでは、ホルンは通常のフレンチホルン。しかし4番終楽章のホルンのファンファーレは音を割り切っていてほとんどウィンナホルンかナチュラルホルンの感じではあった。

トランペットはナチュラルではなくロータリートランペットだった。ティンパニもモダンではあったが、バチは通常は使わないような固い小さなバチだった。

また古楽器的演奏といえば弦楽器のノンヴィブラートが想起されるが、この演奏ではちゃんとヴィブラートはかかっていた。控えめではあったが。

また、シューマンのシンフォニー演奏では通常考えられない装飾音が付けて有り、笑ってしまった。指揮のジンマンもそれを楽しんでいる棒であった。

早速WEBで検索したところ、ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管は古楽器的演奏で有名であることがわかった。知らぬは私のみだった。

なお検索で見つけたブログ「トロンボーン吹きによるクラシックの嗜好」のR. シューマン:交響曲全集/ジンマン [ARTE NOVA]によれば、

トーンハレ管は特に古楽器オケという訳ではないのですが、今回は金管には古楽器 (ナチュラル・ホルン、ナチュラル・トランペット、バロック・トロンボーン) を使用しており、

とある。ホルンとトランペットについては、私の見誤りかもしれない。そうであってもなくても、非常にすばらしい演奏で満足した。

 

QLOOK ANALYTICS