新聞社サイトにおける社説の位置付け

2007年5月30日 (水)

先日の新聞社説比較に続き、新聞社説の話題。新聞各社のホームページ中で社説がどのような位置付けか調べてみた。

  • 朝日新聞
    サイト右上に「社説」リンクがあり、クリックすると社説ページが表示される。そのページには本日の2つの社説全文が掲げられている。過去の社説は1週間分のリンクが画面上部にある。本日の社説に問題なく到達できる。
  • 読売新聞
    これもサイト右上に「社説」リンクがあり、クリックすると「社説・コラム」ページが表示される。ただこのページに社説全文はなく、1週間分の社説のタイトルと全文へのリンクである。本日の社説に到達するには朝日新聞より1クリック余計に必要である。
  • 毎日新聞
    画面を一見しても、社説へのリンクは見当たらない。ブラウザの検索機能で「社説」を検索すると、画面最後の方の右サイドに社説へのリンクがあった。「おすすめコラム」というグループ枠内にある。(「社説」が「おすすめコラム」ねぇ。。。)クリックすると社説ページが表示される。そこには、本日の2つの社説のうち1つのみ全文が掲載されている。本日のもうひとつの社説と過去3日分の社説へは、下のほうにそのタイトルがリンクとなっている。
    新聞社が自社のもっとも重要な主張である社説へのリンクが極めてわかりにくい位置にあるということは、自分の社説に自信がないのか、と嫌味を言いたくなる。そして社説が「おすすめコラム」に属するとは、本当に自信がないのかもしれない。これは早急に修正すべきだろう。
  • 東京新聞
    サイト右上に「社説・コラム」リンクがあり、クリックすると「社説・コラム」ページが表示される。本日の2つの社説の概要と全文へのリンクが表示される。本日の社説全文にに到達するには朝日新聞より1クリック余計に必要である。過去の社説へは、「社説・コラム」ページ上部の「記事一覧」リンクをクリックすることで、過去1週間分のタイトルのページが表示される。各記事全文を読むにはさらにもう1クリック必要となる。
  • 産経新聞
    画面を少し下へスクロールすると、右に「主張(論説)」リンクがある。毎日新聞ほどではないが場所がわかりにくい。リンクをクリックすると、1ヶ月分の「主張」のタイトルリンクが表示される。それをクリックして、各全文に到達できる。本日の社説全文に到達するには朝日新聞より1クリック余計に必要である。
  • しんぶん赤旗
    画面左下にしんぶん赤旗「主張」へのリンクがある。クリックすると約3週間分の主張のタイトルリンクが表示される。それをクリックして、各全文に到達できる。このサイトも、本日の社説に到達するには朝日新聞より1クリック余計に必要である。

以上をまとめると、一番少ないクリックで本日社説全文に到達できるのは朝日新聞であった。他はさらにもう1クリック必要となる。社説を読みたい閲覧者にとって、一番読みたい社説は先ずは本日のものであろう。それを考慮したウエブサイト設計をすべきと私は考える。

また社説へのリンクの場所がわかりにくい毎日新聞、産経新聞は、ウエブサイト設計としては失敗と私は考える。特に、ブラウザの機能で検索をしないと社説のリンクが見付からない毎日新聞サイトは最低の設計である。確かに社説を読む人は多くは無いかもしれない。しかし新聞における社説の位置付けを考えれば、これは早急に正すべきと私は考える。新聞社が言論の重みを自分で下げている、と言えるからである。

 

QLOOK ANALYTICS