月別:7月2007年

もしすべて比例区なら

2007年7月31日 (火)

29日投票の参議院選挙について。選挙結果は民主党圧勝、自民党惨敗という結果になった。このような極端な差のつく選挙は大変危険だ。何が危険って、ヒトラーが現れたらあっという間に9割以上の支持となり両院は独裁政党がほとんどの議席を持つ、ということにもなりかねないからだ。

だから前回の衆議院選の小泉圧勝は大変危険だった。その逆のパターンが今回の結果に過ぎないのだ。

振り子が大きく揺れることになる原因は、無党派層と言われている。私に言わせればその原因は無党派層というより、感情・ムードで政治を判断する「国民」だ。マスコミの小泉提灯持ち、そして手のひらを返したような安倍バッシング。それに乗って何も考えない「国民」。この「国民」の存在が選挙結果を大きく揺らす結果になるのだ。だいたいかつての話だが小泉支持が8割を超えたなんて異常も異常。ヒトラー寸前、つまり独裁政権寸前だったと思う。

しかし「国民」の存在だけでは選挙結果が2回連続で極端に振れることにはならない。ほとんど誰も指摘していないが、その大きな原因は選挙制度だ。

そもそも小選挙区は比例区に比べ極端な結果になり易い。今回の参議院選での改選数121のうち、選挙区は73、比例区は48。改選数で見ると選挙区は比例区の1.5倍もあるのだ。そして選挙区は、衆議院の小選挙区ほどではないが小選挙区と見なせるだろう。つまり参議院選では極端な結果をもたらしやすい小選挙区が比例区の1.5倍なのだ。

さらにそもそも、参議院は法案のチェック機能がメインの良識の府でなければならない。ということは、参議院はそのときの意見を極端に反映した小選挙区では良識あるチェック機能を果たせない。国民・市民の意見を満遍なく反映するためすべて比例区とすべきと私は考える。

さて今回の参議院選がもし選挙区なしですべて比例区のみだったらどうなっていたろうか。計算してみた。非常に興味深い結果が出た。

政党名 選挙区得票数 比例区得票数 合計得票数 得票率(%) 理論当選者数 実際の当選者数
自民 18,606,193 16,544,696 35,150,889 29.72 36 37
民主 24,006,817 23,256,242 47,263,059 39.96 48 60
公明 3,534,672 7,765,324 11,299,996 9.56 12 9
共産 5,164,572 4,407,937 9,572,509 8.09 10 3
社民 1,352,018 2,634,716 3,986,734 3.37 4 2
国民 1,111,005 1,269,220 2,380,225 2.01 2 2
日本 0 1,770,697 1,770,697 1.5 2 1
諸派 477,182 1,264,848 1,742,030 1.47 2 0
無所属 5,095,168 0 5,095,168 4.31 5 7
合計 59,347,627 58,913,680 118,261,307 100 121 121

左の「選挙区得票数」、「比例区得票数」は、本日(7月31日)朝日新聞第12版の数字だ。その2つを足し合わせたフィールドがその右の「合計得票数」。その右はその「合計得票数」の「得票率(%)」。

そして右から2番目の「理論当選者数」が、すべて比例区と仮定したときの理論当選者数。一番右は今回の選挙結果の「実際の当選者数」である。

この結果から次のことがわかる。

  1. すべて比例区としても自民党の当選者数はほとんど変わらない。つまり自民党の惨敗は明らか。
  2. 民主党はすべて比例区にすると12人の減。自民よりは多いが今回の結果ほど圧勝とはならない。
  3. 公明党はすべて比例区にすると3人増。3割増ということになる。
  4. 共産党はすべて比例区にすると7人増。なんと3.3倍になる。
  5. 社民党はすべて比例区にすると2人増。2倍になる。
  6. 国民新党は変化無し。
  7. 新党日本、諸派は1,2名増。その他は2名の減。

いかがだろうか。自民党と民主党の結果は、すべて比例区にすると市民・国民の感じている割合に近いのではないだろうか。

そして共産党だけが突出した結果だ。つまり、もしすべて比例区なら7人増で3.3倍となり、公明党とほとんど同じサイズ、自民党の約1/4のサイズとなる。ということは、共産党に投票してもほとんどが死に票となるのだ。市民・国民の支持からみると共産党は本来は公明党とほとんど同じ得票の政党なのだ。

社民党も共産党ほどではないが同じ傾向だ。

民主主義の本質は少数意見の尊重のはずだ。そう考えると、一部の政党の当選者数を極端に少なくするこの選挙制度は異常だ。今の選挙制度の裏の主目的は、共産党の追い落としなのではないか、私にはそのように思えてくる。そしていまの選挙制度の決定には民主党の小沢党首がかつて大きな役割を果たしたことも忘れないでおこう。

(このブログでは、政治を論理的に考えることのできる人を「市民」、考えることができずに感情・ムードで政治を判断する愚民を「国民」と記している。)

演奏会案内/ベートーヴェン・第9

2007年7月28日 (土)

知人が出演する下記コンサート、話を聞くと面白そうな演奏会なので紹介する。

「9月に響く90人の第9」
【日時】
9月2日(日)15時開演

【会場】
紀尾井ホール

【曲目】
ベートーヴェン:交響曲9番 ニ短調 op.125 「合唱付」
ミサ・ソレムニス ニ長調 op.123より「キリエ」

【演奏】
坂本徹(指揮)
小濱妙美(Sop)/永田直美(Mez)/池本和憲(Ten)/長谷川寛(Bar)
ライジング・サン・オーケストラ&クワイア

【問合せ】沢井事務所 office-sawai@mbn.nifty.com

「9月に響く90人の第9」と、”9”を強調した演奏会だ。チラシによれば、

指揮者1人、ソリスト4人、合唱34人、オーケストラ50人、プロデューサー1人、計90人

とある。チラシによれば、会場のキャパを考慮するとこのサイズが適切らしい。これは初演のときよりは小さな編成とか。

この演奏会の一番の特徴は、チラシには明確には書かれていないが、「出演者のほとんどは古楽器も演奏するプレーヤー」ということだ。

指揮の坂本氏は、古典時代のクラリネットであるクラシカル・クラリネット奏者として著名であるが、最近は指揮がメイン活動のようで、モーツァルトを当時の楽器(クラシカル楽器)で演奏するモーツァルト・アカデミー・トウキョウ(MAT)を組織し指揮している。

そのような坂本氏が指揮する第9なので、通常のフルオーケストラによる第9とはかなり異なる音楽であることが予想できる。坂本氏の振る音楽を何度か聴いたことがあるが、そのスタイルは、音の減衰を多用して各声部をクリアにした演奏だ。そして今回のオーケストラ・合唱の母体は坂本氏の音楽を理解している上記モーツァルト・アカデミー・トウキョウとのことなので、今回の第9は紛れもなくその「坂本スタイル」の音楽だろう。

ただチラシによれば、使用楽器はクラシカル楽器ではなく現代楽器とのこと。しかし金管楽器だけは当時のクラシカル楽器を使用するようだ。大半は現代楽器だが音や音楽のスタイルはほとんどクラシカル楽器による第9となるはずだ。

チラシには全出演者の名前が掲載されている。その中で、オーケストラ中の主な古楽器奏者は次のとおり。

ヴァイオリン:大西律子(Leader)、天野寿彦、石川和彦、廣海史帆
チェロ:武澤秀平
フルート:菊池香苗
オーボエ:江崎浩司
ファゴット:岡本正之、鈴木禎、永谷陽子
ホルン:下田太郎、大森啓史
オルガン:渡部聡

フルート、オーボエは現代楽器だろうが、フラウト・トラヴェルソ奏者の菊池香苗氏、リコーダー・バロックオーボエ・バロックファゴット奏者の江崎浩司氏がモダン楽器をどう演奏するのか興味深い。またファゴット3人は名手揃い。

それにしても、古楽器奏者で現代楽器による演奏とは少々半端、どうせならクラシカル楽器で聴きたい、との感を持つ。しかしこの演奏会に出演する知人の話では、日本ではクラシカル楽器で第9は演奏できないらしい。それは、コントラファゴットの問題。第4楽章で目立つコントラファゴットのクラシカル楽器は日本には存在しないとか。

とはいえ、音や音楽のスタイルは奏法も含めてクラシカルスタイルのはずだ。大変楽しみな演奏会である。

防災無線の怪

2007年7月27日 (金)

巷のうわさでは、Z党は政府とグルになって明後日の参議院選挙の投票率を下げることにやっきになっているらしい。

7月20日の中日新聞記事によれば次のとおりだ。

総務省は20日、参院選(29日投開票)で全国5万1743カ所の投票所のうち、28・7%に当たる1万4840カ所で、午後8時の投票締め切り時刻を繰り上げると発表した。

「平成の大合併」で自治体の面積が広がり、開票所への投票箱の運搬に時間がかかることから、開票開始時刻に間に合わせるよう終了時刻を早める自治体が多いためとみられる。

開票時間のために投票率を下げる行為をとるとは本末転倒だ。ひとりでも多くの投票を促すのが彼らの仕事のはずなのに。3割近い投票所が投票率を下げる行動とは異常事態。

私の嗅覚は、これはZ党の凋落を防ぐための仕組まれた行動、と見る。そのもうひとつの証拠が、私の住んでいる場所の防災無線。

この防災無線は昨年から毎日うるさい放送が続き、私はうんざりしている。このブログでもそのことについて防災無線のうるさいゐなかの私という記事と、防災無線のうるさいゐなかの私2という記事に書いている。

毎日うるさい放送が始まる以前、選挙が近づくと毎日のように選挙管理委員会から放送があった。内容は、選挙日と期日前投票のお知らせ。記憶は定かではないが、投票日の1週間前くらいから投票日まで毎日放送があった。

それなのに、今回の参議院選挙ではその放送はまだ1回も無い。

放送がうるさいという苦情があって放送を止めたのではない。それが証拠に、車上狙い警告や農薬散布のお知らせは時々ではあるが相変わらず放送されているのだ。もちろん教育委員会からの無意味な内容の放送は毎日放送されている。

今回だけ選挙に関する放送のないことは異常だ。ということは、今回の選挙は投票率を上げたくない勢力が各選挙管理委員会に圧力をかけているのではないか、または選管側が政権党を慮って行動したのではないか、と私は思っている。

一般に、投票率が上がると浮動票層・政党支持無し層の投票が増えるので、それらの層は今回はZ党批判層と見なして政権側は投票率を下げる行動に出たのだろう。しかし市民を甘く見てはいけない。投票率が低いときに必ず投票に行くのは政権批判層なのだ。投票率を下げたことが返ってZ党批判率を上げる可能性があるのだ。

29日の投票率、そして選挙結果が楽しみだ。

コンサートマスターの仕事(2)

2007年7月25日 (水)

前回の記事コンサートマスターの仕事の続編。

前回の記事で一部引用した毎日新聞の記事コンサートマスターの仕事 曲解釈し、楽員を統率では次のように書かれていた。

大阪フィルハーモニー交響楽団定期演奏会の開演直前に、指揮者の大植英次さんが急病で降板。急きょ楽員80人をリードしたのが首席コンサートマスターの長原幸太さん(26)だ。フォーレ「レクイエム」は合唱指揮者が代わりを務めたが、ブラームス「交響曲第4番」は長原さんがバイオリンを弾きながら、体を大きく上下させて音の出だしや切るタイミングの合図を送り、弓を持った右手で指揮もして、無事に公演を乗り切った。

コンマスの重要な仕事が、この「体を大きく上下させて音の出だしや切るタイミングの合図」。指揮者は普通にリズムどおりにきちんとは振らない。たいていほんのちょっと先の部分を振っている。半拍先をふっているのは当たり前。それは、先の音楽のイメージをより早く団員に伝えるためである。場合によっては1拍以上先を振っていて傍らからは指揮と音楽が全く合っていないように聞こえる・見えることもある。でもそれで良いのだ。そのとき、厳密に音の出だしの合図をするのがコンマスなのだ。団員も、必ず出だしを合わせなければならない箇所は指揮者ではなくコンマスを見る。そうでない箇所でも、団員は指揮者とコンマスをなんとなく視野に入れて演奏しているのだ。

余談になるが、音の出だしは完全に合っていれば良いということは全く無い。実は少しずれる必要がある場合も多い。特にドイツ古典物では、低音、つまりコントラバスからちょっとずつずれて音を出すことにより重厚な響きを作ることが必要となる。その場合コントラバス奏者は指揮者とコンマスを見てほんのちょっと、コンマ0.0何秒早く反応しなければならない。コントラバスは反応の鈍い楽器であるにもかかわらず、だ。このあたりは高等テクニックだが歴史のあるオーケストラなら自然にやっていることである。

これまた余談だが、オーケストラではこの出だしのことを「アインザッツ」という。ドイツ語だ。Wikipediaによれば

アインザッツ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

アインザッツ (ドイツ語: Einsatz)

本来「賭け」や「(労働力などの)投入」、「出動」などの意味があるが、音楽に関していう場合は休止後における歌い始め、奏し始めの瞬間のことをさす。Satzには「文章」という意味があり、ここでは楽節を指している。

出だしをあわせることを、略して「ザッツを合わせる」などという言い方をする。オーケストラでは音名もドイツ語だし、日本のクラシック音楽におけるドイツの強い影響がうかがわれる。(歴史的経緯が大きいだろう。そしてドイツ音楽がクラシック音楽のなかで一番上、のようなイメージがまだ日本にはある。それ以外、たとえばフランス近代・現代の音楽など非常に面白いと私は思うのだが。)

さてコンマスの仕事に話を戻す。音楽以外で一番重要なコンマスの仕事、それは団員とのコミュニケーションだ。東京のあるオーケストラのコンマスT氏は、「コンマスとは”コンパマスター”のこと」と看破した。より良い音楽を団員皆で作ってゆくために、これは重要な「仕事」らしい。

脱線しまくったがコンマスの仕事についての話は終わる。

コンサートマスターの仕事

2007年7月23日 (月)

数日前の毎日新聞の記事コンサートマスターの仕事 曲解釈し、楽員を統率について。

この記事、記者がオーケストラのコンサートマスターの仕事内容についてプロオーケストラを取材して書いたようである。少々物足りない記事だった。

先ずは誤りに近い内容の指摘から。記事の最初に次のように書かれていた。

コンマスは第1バイオリンの首席奏者で、女性はコンサートミストレス(コンミス)と呼ぶ。

まず、コンマスは第1バイオリンの首席奏者とは限らない。まあたいていはそうなのだが、ソリストがコンサートマスターをやることはある。

それから、最近は女性コンサートマスターを「コンサートミストレス」とは呼ばない。それは、「ミストレス」という言葉にあまりよくない意味があるからだ。たとえばYahoo辞書のとおり。最初の方にある意味が通常使用される意味とすると、女性コンサートマスターにはふさわしくない表現だ。またWikipediaを見れば、「ミストレス」にはSMの意味しか無い。確かに以前は女性コンマスをコンサートミストレスと称していたが、現在は東京のプロオーケストラのホームページを見ると「コンサートミストレス」という言葉はほとんど使用されておらず、「コンサートマスター」になっている。また室内オケでは「コンサートマスター」という言葉を使わずに「リーダー」としている団体も増えているように感ずる。

さて、この毎日新聞記事ではコンマスの地位について一番重要なことの記述が不足している。

コンマスは100人もの楽員を統率し、楽員と指揮者とのパイプ役となり、演奏解釈をめぐって指揮者と交渉しなければならないこともある。卓越した技術と同時に、求められるのがリーダーシップ、そして人間性。

とある。まあそうなのだが、コンマスとは、「オーケストラ側の音楽総責任者」なのだ。これが一番重要なポイントだ。だから記事のとおり楽員と指揮者のパイプ役もやらなければならない。場合によっては指揮者と議論、極端にはケンカになることもある。

ケンカならまだ良い。その切磋琢磨で新鮮な音楽が生まれる可能性があるからだ。逆のケースとして、オケ(その音楽の代表者がコンマス)が指揮者をバカにしきった演奏、ということもある。たとえば10数年前の日本の某国立放送局オーケストラの定期演奏会。

もともとそのオケのコンマスはふてぶてしくて嫌いなのだが、その日は指揮者を見下しているのが見え見え。指揮者はイギリスの室内オーケストラでコンサートマスターをやっていて指揮に転進した高名な指揮者。その端正な音楽は私は当時は好きだった。コンサートでは指揮者は聴衆に背を向けてタクトを振っている。ただそれを見ると、ある程度以上の指揮者なら、指揮者がオケにどのような音・表現を求めているかはよくわかる。私はその視覚の情報からその意図を汲み取り、音を補って聴いている。だから、オケの実際の音が少し違っていても、ちょっとしたミスがあってもあまり気にならない。指揮者の意図がわかるからだ。話を戻してその演奏会、オケ、特にコンマスが指揮者を完全に無視して勝手に自分(達)の音楽をやっており、指揮者の動作の情報で音楽を補正などできない演奏会だった。

そのオーケストラの定期演奏会では会員には会報の小冊子が配布される。その中に当時は団員のリレーエッセーのような記事が連載されていた。その中である団員が、「このオケは音楽的に優れた何人もの指揮者の下で演奏してきており音楽の蓄積がある。そこらのたいしたことの無い指揮者が違うことを言っても聞く耳を持たない。」というようなことを書いていた。このオケはその後D氏という優れた指揮者がトレーニングして上手くなったがそのエッセーはまだ下手な頃。下手なくせにプライドばかり高いどうしようもないオケ、と私は極めて不愉快に思い、以後、そのオケの演奏会には全く行っていない。そもそもプロオケ、特に放送オケは、いかなる指揮者のいかなる要求にもすぐに応える能力が必要と私は思う。自分の価値観にこだわっているようでは進歩はない。もっともそのD氏という優れた指揮者は、「こんなこともできないようではお前らはプロか」、とほとんど恫喝しながら厳しいトレーニングした、とか。恐らくメンバーのプライドはズタズタになったのだろう、D氏は常任指揮者をはずれしまった。しかしD氏の頃がこのオケの一番上手い時期だったと思う。当時車のFMで聴いたのだが、その透明感はとても日本のオケではなかった。

その後このオケのコンマスには、上記に書いたコンマスの数倍ふてぶてしい人が就任した。そして常任指揮者はD氏から団員の自主的音楽を重んじるA氏に変わった。A氏の最初の演奏会はFMで聴いたがD氏時代からは考えられない本当にひどいものだった。恐らくメンバーのプライドは癒されたろうが。

コンマスの話題から某オケの悪口になってしまった。コンマスの仕事についてはまだ重要なことを書いていないので、この項、続く。

 

QLOOK ANALYTICS