バッハ/「フーガの技法」CD

2007年7月21日 (土)

私の高校生時代、うん十年前の話だが、毎日のようにJ.S.バッハの音楽を聴いていた。最初にバッハに興味を持ったのは、偶然買った管弦楽組曲第2、3番とブランデン5番のLP(レコード)。フルートがランパル、そしてミュンヒンガー指揮のシュトゥットガルト室内管弦楽団だった。(当時は古楽器の演奏は無かった。)非常に気に入り毎日のように聴くうちにバッハの音楽に興味をもつようになった。その数ヵ月後、テレビでバッハの「クリスマスオラトリオ BWV248」全曲を放送した。演奏はNHK交響楽団。指揮はマタチッチだったか若杉だったかちょっと記憶にないが。これを聴いてバッハの宗教音楽に目覚め、すぐにリヒター/ミュンヘンバッハOrch,Chorの「クリスマスオラトリオ」のLPを購入。それからはバッハの宗教音楽聴きまくりのバッハおたく生活が始まった。

カンタータばかり聴いているとたまに他の曲が聴きたくなる。そのとき買ったLPが「フーガの技法 BWV1080」だった。オルガンのみで演奏しているLPで、いまはCDで発売されている。演奏者はヘルムート・ヴァルヒャ。当時、この曲のLPは弦楽合奏かオーケストラの演奏ばかりで、ひとりでこの曲を演奏したLPはこれだけだった。結構難解な曲と思うが当時は高校生、毎日聴くうちに曲をすっかり覚え、都会に出たときにこの曲のスコアを買い、それを眺めながら聴く毎日だった。

私にとってバッハの最大の魅力はその対位法。典型的はコラールカンタータの第1曲の壮麗はフーガは昔もいまも聴いていてわくわくする。そのバッハの対位法の集大成がこの「フーガの技法BWV1080」だ。

ヴァルヒャのこの曲の演奏の特徴のひとつは、終曲。終曲である4重フーガが未完成のままバッハは亡くなってしまった。通常は補筆した版で演奏されるが、ヴァルヒャの演奏は、バッハの書いたところまでしか演奏していない。曲の途中でスパッと終わってしまうのだ。その直前には、バッハをあらわすBACHの音が使われている。バッハが自分を表すBACHの音を入れた、その直後でバッハの筆は終わっているのだ。その中途半端な音でヴァルヒャの演奏が終わったその瞬間、なんともいえないむなしさがこみ上げてくる。いまもその部分を思い出し、同じ気分になることができる。

さてこの曲は私はこのLPのみだった。CD時代になってもこの曲のCDは買っていない。そして我が家では、約20年前にLPプレーヤーは故障してしまいそのまま。要するにこの20年、この曲は聴いていないのだ。先日久しぶりに聴きたくなり、ムジカ・アンティクヮ・ケルンの演奏のCDを買った。もちろん、古楽器演奏であることを優先してこのCDを選んだ。この演奏は弦4本とチェンバロ。チェンバロのみで演奏している曲もある。聴いて、2つのことに気が付いた。ひとつは、チェンバロでの演奏は弦楽やオルガンのみと比較して、各声部を最も聞き分けることができる、つまり声部間の分離が良い、ということだ。これはおそらく、チェンバロの一つひとつの音が減衰することに起因しているだろう。もうひとつ気が付いたこと、それはこの演奏は古楽器なのだが時代遅れの演奏、ということだ。その大きな原因は、不自然なほどオーバーなmessa di voce。やりすぎだ。録音は1984年と、かなり古い。アーノンクールが端緒の古楽器演奏は約30年数年前と思う。その当時のアーノンクールと比較すると、技術的には「ムジカ・アンティクヮ・ケルン」が上だがやはりmessa di voce過多である。音も少し固い。というわけで、このCDは少し「負け」。もっと自然な演奏でこの曲を聴いてみたい。

 

QLOOK ANALYTICS