日本国は借金大国ではなかった

2007年8月10日 (金)

日本国は借金大国。日本の借金時計によれば、本日現在日本の借金は約769兆円。この借金時計を見ると借金が刻々と増えてゆくのがわかる。本当の借金額はもっと大きいようで、6月末に財務省が発表した数値では債務残高は834兆円とか。

ところが森永卓郎氏の記事「順調に進む財政再建」をひた隠す理由によれば、日本の財政は順調に再建が進んでおり増税は不要、とのこと。こんな説を聞いたことはなかった。早速読んでみた。以下、引用する。

まず、わたしの目を引いたのは、債務残高の伸びが鈍ってきたという事実である。債務残高の増加額を、前年度と比べてみると次のようになる。

  2004年度  79兆円
  2005年度  45兆円
  2006年度  7兆円

 このように、ここ3年間で債務の伸びは急速に小さくなっていることが分かるだろう。実は、この債務の伸びの鈍化というのは、考えようによっては債務残高の額自体よりも重要なことなのである。

 それはなぜか。借金が多少増えても、経済規模の拡大がそれを上回れば実質的な負担は減るからだ。

確かにこの数値を見ると、債務の伸びは急速に小さくなっている。

そこで、債務残高の GDP比を計算すると、2005年度は 1.64倍だったのに対して、2006年度は 1.63倍と下がったことが分かる。2006年度は、債務は 0.8%(7兆円)しか増えなかったのに対して、名目成長率は 1.4%とそれより高かったからである。

 これはどういうことか。つまり、日本の財政再建の当面の目標が、昨年度で達成されたのだ。バブル崩壊以降、厳しい歳出削減を行いながら、ようやく財政再建目標が達成され、日本の財政が健全化の方向に歩みはじめたのである。

なんと、昨年度の債務の伸びは名目成長率より低く、それは「財政再建目標が達成され、日本の財政が健全化の方向に歩みはじめた」とのこと。このような大事なことを述べた人がいままでいないのは何故なのか?それは、消費税増税のため、と森永氏は言う。

消費税については、参院選の自民大敗を受けて、この秋からの増税議論が難しい状況になってはいるが、時期は別にして政府内ではもはや既定路線になっている。そして、国民もしかたがないと思いはじめている。その前提となっているのが財政破綻だ。

財政破綻しているから消費税増税もある程度はやむなし、と国民・市民は思い始めたのに、前提の財政破綻が改善しているとは。口をつぐんでいる政府は卑怯だ。

そればかりではない。借金額そのものがウソ、とのこと。

我が国の債務の内訳については、元文京学院大学の教授で、日本金融財政研究所の菊池英博所長は次のように推計している。

 2006年末の国の債務のうち、外貨準備が 100兆円、財政投融資 170兆円、社会保障基金 260兆円。これらはどれも裏側に資産のあるものだ。つまり、合計して 530兆円もの金融資産を持っているというのである。

 それを差し引けば、純粋な債務は 302兆円。これは GDPの6割にすぎず、西欧諸国と比べて高いわけではない。こうしたことを考え合わせると、やはり財政危機は脱したと考えるのが適当だろう。

なんだ、借金額は本当はもっと少なかったのだ。全然財政破綻などしていないではないか。この事実について言及しない政府は許せない。我々市民は政府の増税策を巡る行動を厳しく監視する必要がある。

 

QLOOK ANALYTICS