バッハの初期作品発見と誤訳

2008年5月16日 (金)

約1ヶ月前の話題だが、J.S.バッハの初期作品の写本が発見されたそうだ。
バッハ:新たな初期オルガン作品の写本発見という記事で、次のような内容である。

ドイツのハレ大学は15日、作曲家バッハの新たなオルガン作品の写本を発見したと発表した。曲はこれまで最初の5小節だけが知られていたコラール(賛美歌)「主なる神われらのそばにいまさずして」の19世紀の教会音楽指導者ルスト氏による写譜。

 同大学が取り組むヘンデル作品集の編さんをしていた2人の音楽学者が、ルスト氏の遺品から見つけた。曲のスタイルからバッハの初期の1705~10年ごろの作曲とみられている。
(C)毎日新聞

これと同様の記事が別の新聞にもあった。
バッハ初期の作品、全編見つかるという記事で、次のような内容である。

ドイツの作曲家ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685~1750)が作曲し、これまで一部しか知られていなかった曲「主なる神我らのそばにいまさずして」の全編を筆写した楽譜が見つかった。ハレ大学が15日、発表した。

 バッハも音楽監督だったライプチヒのトーマス教会で19世紀後半に音楽監督を務めた音楽家が筆写したもので、ハレ大学が入手した遺品の中に含まれていたという。

 楽譜には「バッハの作品」との記述があり、この曲が作られたとされる1705~1710年当時に流行したオルガン音楽様式の影響を強く受けていた。バッハ史料館(ライプチヒ)は「バッハの初期の作品はとても少なく、今回の発見は学術的にも非常に貴重だ」と話している。
(C)朝日新聞

後者の記事タイトルは「バッハ初期の作品、全編見つかる」となっているが、私の記憶では最初は”バッハ初期の作品”ではなくて”バッハ初期の合唱曲”になっていたように思う。これは、”コラール”を誤訳したものだろう。人材豊富な大新聞といえども単純な誤訳はあるのだね。

 

QLOOK ANALYTICS