広告メール、迷惑メールの送信はお断り

2009年2月2日 (月)

SPAMメールにはもう長いこと悩まされている。1日に受信する約100通のメールのうち、SPAMは8割以上。まあ優秀なSPAMフィルターソフトを入れていて受信時に読まずに削除しているので目に触れることは少ないが、そのフィルターソフトの履歴を見るとあまりの多さに愕然とする。

そもそもSPAMメールが増えたのは、一時期、メールアドレスを公開していたからだ。ドメインを取得すると連絡先などの公開されるメールアドレスに自分のメールアドレスを書いていたのだ。いまはドメイン管理会社のアドレスにしてもらっているので大丈夫だが。しかし一旦メールアドレスが公開されてしまうと、”生きている”メールアドレスのリストに含まれてそのリストがネット上で流通しているのだろうか、SPAMメールは減ることは無い。その後、ネットビジネスを始めたことで、連絡先メールアドレスを表示しなければならず、そのアドレスへのSPAMメールが増え始めているのは頭が痛い。

ある朝、メールを受信しようとすると、なにやら様子が変。膨大なメールを受信していた。たかだか10時間あまりの間に溜まっていたメールは千通近く。良く見ると、ほとんどは他のメールサーバからのエラーメール。某国のSPAM氏が、差出人を私ということにして膨大な数のメールを世界中に送りつけ、アドレス存在しないというエラーメールが私に押し寄せた、という次第だった。

SPAMメールの悩みは尽きないが、昨年12月から改正特定電子メール法が施行されたのは少し朗報だった。本人の了解しないメールは送ることが出来ない、ということが法律の改正の目玉。おかげで、得たいのしれないメルマガに勝手に登録されたり、解除できないメルマガが送りつけられることはほとんど無くなった。

ところが、この改正特定電子メール法の改正点はこれだけではなかった。日経BPネット2月2日記事のメールアドレスを掲載するときはすぐそばに「広告お断り」の注意書きをによれば、次のとおりだ。

迷惑メールの送信を規制する改正特定電子メール法が施行されて2カ月たち、広告メールを送信する企業の対応が進んでいる。一方で、メールの受信者の側にも対応が必要になったことの周知が遅れている。
...
迷惑なメールの受信を望まないなら、メールアドレスのそばに、下記のような注意書きを追加する必要がある。

【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。

Webページに記載する連絡用のメールアドレスだけではない。Web掲示板やSNS、プロフなどにメールアドレスを書き込む際も当てはまる。企業や団体の発行するニュースリリースのように、紙で発行してもWebページに全文が転載される可能性の高い文書の場合も同様だ。

特定電子メール法の改正により、迷惑メールの送り付けを拒否するためには、メールアドレスのそばに上記の表示が必要になった。書いておかなければ、同意のない広告メールを送り付けられても文句を言えない場合がある。(C)日経BPネット

このことは全く知らなかった。やむを得ず公開しているメールアドレスの横に
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします
を書いておけば、改正特定電子メール法の保護を受けられるが、もし無いと、広告メールOKと公表しているのも同然、ということだ。これは大変なことだ。このような重要な、重大なことが何故一般に知らされていないのだろうか。官の怠慢に非常に腹が立つ。

しかし、官の怠慢を追求するよりも先に、いま公開しているメールアドレスの横に
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
を至急書かなければならない。

ロッシーニ/試金石

2009年2月2日 (月)

先日、CSチャンネルのクラシカ・ジャパンで見た、ロッシーニ20歳のオペラ「試金石」について。先ず冒頭に度肝を抜かれる。舞台に、顔を青いマスクで覆った人物が登場するのだが、舞台上に設置された横長のモニター画面には、首から上の無い人間として映っている。すぐに、これは画像処理の画面とわかった。背景としてミニチュアセットの映像がある。それと、実写を重ねる。青い色の部分は、すべて透過色として背景のミニチュアセットの映像となる。透過GIFファイルと同じ原理と思えば良い。たとえばミニチュアセットの中にテニスボールを置き、舞台に椅子を置いて青いカバーをかける。そこに座って歌う人は、上に設置されたモニターには、大きなテニスボールに座って歌う人になるのだ。この画像処理のおかげで、まったく飽きないオペラだった。

いや、画像処理が無くても良い演奏だった。秀逸だったのは、コントラルト(低音アルト)のソーニャ・プリーナ。古楽の歌い手らしい、すばらしいテクニックだった。

また指揮とオケが良い。指揮は、ジャン=クリストフ・スピノージ。クラシカ・ジャパンサイトには次の紹介記事があった。

ジャン=クリストフ・スピノージ
1964年コルシカ島生まれ。ヴィヴァルディの研究と演奏で評価され、ヴァイオリニスト&指揮者として活躍。91年創設のアンサンブル・マテウスは曲によって5人~35人のオリジナル楽器またはモダン楽器を使用する若い演奏家で構成。スピノージは『試金石』の成功を受けて2010年ミラノ・スカラ座『セビリアの理髪師』を指揮する予定。

古楽演奏家らしい、きびきびとしたテンポ設定と音楽運びだ。オケはアンサンブル・マテウス。初めて聞く名前だが、古楽器オケだ。ロッシーニを古楽器オケで聴くのは初めての経験だ。

ロッシーニを調べたところ、1792年生まれ。ほとんど最後ではあるが18世紀生まれなのだ。私はもっと後だと思っていた。このオペラは20歳のときの作品、ということは、1812年の作品だ。1812年は、ハイドンが死んでまだ3年しか経っていない頃。ベートーヴェンで言えば、交響曲第7番が作曲された頃だ。まだまだ古典の時代だ。ということは、楽器はクラシカル楽器で演奏できるはずだ。この演奏、クラリネットはいかにもクラシカル楽器風の音色だった。が、オーボエはあまりクラシカル的な響きではなかった。

ともかく、ロッシーニの若いときのオペラを若く有能な指揮者の演奏で、かつ画像処理付き画面で見る、という、大変面白い時間だった。

 

QLOOK ANALYTICS