カザルスホール閉館

2009年2月4日 (水)

大変残念な記事を見た。朝日新聞の2月4日記事によれば、カザルスホールが閉館するそうだ。

日本を代表する室内楽の殿堂、東京・お茶の水の日本大学カザルスホールが来年3月で閉館することが分かった。日大キャンパスの再開発計画に伴うもの。風情のある建物や文化財級のパイプオルガンがどうなるのかは未定だが、音楽ホールとしての歴史は事実上幕を閉じることになる。

 同ホールは87年、チェロの巨匠パブロ・カザルスの名を冠し、日本初の本格的な室内楽ホールとして主婦の友社によって建設された。当時は華やかな大ホールが注目を集めたバブル期だったが、511席という親密な空間と優れた音響で、ロストロポービチや内田光子ら内外の一流アーティストにも愛された。

 02年、経営難に陥った主婦の友社が日大に売却。大学の施設として使われる一方、一般向け貸しホールとしても運用されてきた。日大総務部によると、来年4月以降の公演申し込みは断るといい、「建物自体を残すかどうかは未定だが、敷地は大学の施設として使う予定」としている。 (C)朝日新聞

東京で残響の長い最初のホールがカザルスホールだと思う。あのホールで数多くの演奏会を聴いた。一番良い席は、バルコニーの真ん中より少し前の席。高次倍音が非常に良く聞え、本当に演奏者の息遣いまで聞き取れた。すばらしい音のホールだった。バッハコレギウムジャパン(BCJ)も最初はカザルスホールで定期演奏会を開催していたので、私もずいぶん初期のBCJの演奏を聴いたものだ。くだんの二階バルコニー席で聴くと、BCJって音量の大きなバロックアンサンブルだと思った。それだけ音が響いていた、ということだ。いまBCJはオペラシティーで定期演奏会を開いているが、オペラシティーではバッハには空間が大きすぎる。やはりバッハはカザルスホールで聴きたい。

カザルスホールのオルガンは「文化財級のパイプオルガン」とのことだが、実は私はその音を聞いたことがない。最初はオルガンは設置されていなかったのだ。設置されてからも何回かカザルスホールのコンサートには行ったが、オルガンはあってもポジティフだった。(設置されたフルオルガンではなかった。)

ホールの中はそうでもないが外や一階はなんとなく暗めの雰囲気だったが、私は好きだった。文化財が一つ無くなることは、大変残念だ。

 

QLOOK ANALYTICS