もうウンザリ

2009年2月10日 (火)

今の日本の政治の低迷にはもうウンザリだ。なんといっても麻生首相の総理大臣としての資質の無さが問題だ。そして無能なのにいつまでも政権にしがみついている。民主党も信用できない部分(例えば大連立)もあるが、とりあえずは自民党政治を終わらせることが急務だ。しかし麻生首相はますますの支持率低迷で解散する気配は無い。

この状況に、溜飲の下がる記事を見つけた。日刊ゲンダイのゲンダイネット2月10日記事今日のゲンダイから引用する。

もう少しまともな政治家はいないのか
麻生内閣の支持率がダウンに次ぐダウンでついに14%という数字まで出た。不支持はなんと70%以上。そりゃそうだ。国会での答弁がテレビ中継されるたびにおバカさんぶりが暴露されている。あの顔、あの声、あの言葉遣い。口を開くたび、何かをやるたびに支持率は下がるばかり。これで総選挙になれば、自公政権与党へ投票する有権者はガクンと減るに決まっている。自公の議員たちも、これほどのおバカさんを首相に担いで選挙を戦えるつもりはないと知っているのに、どうするつもりなのか。もう少しマトモな政治家を担いだらどうなのか。(C)ゲンダイネット

 

QLOOK ANALYTICS