地デジ受信機

2009年2月18日 (水)

ITMediaニュースサイト2月18日記事地デジ受信機普及率、5割届かず 総務省調査によると次のとおりだ。

総務省が2月17日に発表した調査結果によると、地上デジタル放送対応受信機を保有している世帯は49.1%と、5割に届かなかった。

調査は20歳以上を対象に1月9日~18日にかけて調査員の面接で行い、1317件の回答を得た。

地上デジ対応受信機を保有し、デジタル放送を見ることができる世帯は44.3%、保有しているが見られない世帯は4.7%、保有していない世帯は50.3%、分からない世帯は0.6%だった。

地上アナログテレビが終了する時期を記入してもらったところ、2011年と正しく回答した人は77.8%、間違った時期を答えた人は9.9%、分からない人は12.2%だった。(C)ITMediaニュース

私は地上デジタル放送対応受信機は持っていない。そして、2011年で地上アナログ放送が終了することを知っている。アナログ放送が終了しても、地デジ受信機を買うつもりはない。何故か。

「今現在、地上アナログ放送は全く見ていないが、受信能力はあるためNHKと契約せざるを得ない。アナログ放送が終了したら、晴れてNHKとの契約を解除できるのだ。」

スカパーのニュースサイトと、クラシック音楽放送のクラシカ・ジャパンがあれば私は充分だ。

 

QLOOK ANALYTICS