武久源造/ジルバーマンモデルのフォルテピアノ

2009年8月24日 (月)

昨日、次のコンサートを聴いた。

2009年8月23日(日)
[タイトル]
本郷教会サマーコンサート2009
オール・バッハ・プログラム~フォルテ・ピアノ[ジルバーマン・モデル]と共に

[曲目]
J.S.バッハ:
(1)詩篇第51篇 <至高なる者よ、わが罪を取り除きたまえ> BWV1083
 (ペルゴレージ作曲《スターバト・マーテル》より J.S.バッハ翻案・編曲)
(2)鍵盤と2本のリコーダーのためのコンチェルト ヘ長調 BWV1057
(3)シャコンヌ BWV1008より (武久源造編曲)
(4)モテット <すべての異教徒よ、主をほめよ> BWV230

[会場]
日本キリスト教団 本郷教会礼拝堂(東京・上荻)

[出演]
フォルテ・ピアノ 武久源造
ソプラノ 今村ゆかり/柴田圭子
アルト 羽鳥典子/淡野弓子/影山照子
器楽:ユビキタス・バッハ
リコーダー 淡野太郎/小俣達男
合唱:ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京
指揮 淡野太郎

この団体の演奏は1年に1回程度聴いている。昨年もこのブログに演奏会の感想「J.S.バッハ/カンタータ第42番を聞いて」を書いた。

さて演奏について。
(1)はペルゴレージ作曲《スターバト・マーテル》をバッハが編曲し言葉も変更した曲。バッハの編曲は、ヴィオラが追加されただけであとはそれほど変更はないようだ。演奏は、残念ながら良くなかった。極めて雑然とし、音楽の方向がまったくはっきりしない。指揮の淡野太郎氏はペルゴレージとバッハの違いを明確にするつもりか、低音のチェロ、コントラバス、ファゴットを強めに出していたが、これは強すぎて鈍重な響きになっていた。声楽ソロも、アルト影山氏の宗教曲には似つかわしくない地声には参った。オーケストラも精度が悪く、出だしの不一致が散見。またヴァイオリン二本のソロも、音程が合わないうえ二人の表現がまったく違う。合唱も雑然。唯一の救いは、アルトの羽鳥氏の安定したソロで、彼女の声の箇所はほっとして聴いていた。

(2)の協奏曲は、ブランデンブルグ協奏曲第4番と同じ曲で、ブランデンのヴァイオリンソロの代わりに鍵盤ソロの曲。通常はチェンバロソロだが、今回は著名な鍵盤奏者である武久源造氏がジルバーマンモデルのフォルテピアノで演奏した。フォルテピアノはもう少し時代が後の楽器のように思うがそうではなく、バッハはこのジルバーマンのフォルテピアノを演奏しジルバーマンに改良を求めていたそうだ。今回の楽器はそのコピー楽器で演奏し、指揮も武久氏だった。

曲の冒頭から度肝を抜かれた。強烈な主張をもった演奏だ。オーケストラも(1)でレベルの低い演奏をした団体とはとても思えない。武久氏の変幻自在の音楽について行き、あるときはぶつかり、非常にすばらしい演奏だった。武久氏の解説によると、このフォルテピアノは、音色ストップは、ピアノとチェンバロの2ストップ。そしておのおの1本弦と2本弦で音量差を付けられるので、2×2の計4つの色を持った楽器とか。ところが武久氏の音色の変化は無限と言って良い。武久氏も、自分の表現意欲に応えられる楽器を初めて見つけた、といった感じで嬉々として演奏。特に1楽章は秀逸だった。3楽章はオケのレベルからは速すぎたが、充分な音楽的エネルギーを感じた。

ただ、リコーダー2本は音量バランス的に若干弱かった。フォルテピアノと弦があれだけ意欲的な演奏をすると、結果としてリコーダーが音量的に埋もれるのは止むを得ないだろう。その音量不足を補うため、1stリコーダーの淡野氏は若干オーバーブロー気味ではあったが大きな動作で音楽をアピールしていた。このあたりは淡野氏の声楽家としての面目躍如たるものがある。2ndリコーダーは端正にきちんと音楽をまとめていた。

次はフォルテピアノのソロで(3)シャコンヌ。この曲の編曲は様々の作曲家が行っている。一番有名なのはブゾーニの編曲だが、私はあの編曲が大嫌い。なので、武久氏の編曲にも大して期待していなかった。が実際に聴くと、すばらしいなんてものではなかった。このフォルテピアノの音色の多様性を最大限に生かした編曲・演奏。中間部でのppの音色の変化には思わず鳥肌。この編曲は、このフォルテピアノがあって初めて生きる編曲だと思う。

これまでの武久氏の2曲で音楽を充分に堪能した私としては、最後の(4)モテットには全然期待していなかった。しかし、これは良かった。1曲目と同じ合唱団とは思えない出来。通奏低音のファゴットも秀逸だった。

この演奏会を聴いて、武久源造という音楽家の「凄み」を感じた。すばらしさ、というより凄み、それも狂気との境目にあるような。その武久氏と比べるのは酷だが、この団体常任指揮者の淡野太郎氏は非常な研鑽が必要、と感じた。

ちなみにこのフォルテピアノの調律は、あまり一般的ではない「バッハ調律」とか。ちょっと調べたが、Johann Sebastian Bach’s tuningのようだ。

 

QLOOK ANALYTICS